岩崎ファームは、神奈川県三浦半島と千葉県富津で美味しい枝豆やにんにくを育てて通信販売(通販)しています。ブランド野菜として高い評価を得続ける、はねっ娘会の枝豆やにんにくのご注文・ご予約を受け付けています。

090-2622-4227

受付時間:10:00~17:00

岩崎ファームの枝豆栽培5つの挑戦

岩崎ファームで作るはねっ娘会の枝豆は、茶豆由来の白毛豆です。

こんにちは。岩崎泰樹です。上の写真は、岩崎ファームが通販でお届けしている「はねっ娘会」の枝豆です。見た目は大変きれいな青豆(白毛豆)でありながら、茶豆に似て香りが非常に豊かで、コクのある甘みと旨みが、抜きんでて良い茶豆風味の枝豆です。

なぜ「はねっ娘会」の枝豆が、美味しいと自信をもっていえるのか?

美味しい枝豆をお届けするために、

栽培に情熱をかけ、

品質の管理にこんなにも手間をかけているからです。

1.よい苗を育てる。

よい苗を育てることは、難しく手間がかかる。

枝豆の苗床

枝豆は、種を畑にまく方法が一般的ですが、「はねっ娘会」岩崎ファームではハウスに電熱の温床をつくり、そこで苗を育ててから畑へ植えつけています。

温度が低いと芽がでてくるのに時間がかかり、発芽むらが生じ腐り易くなります。
逆に、発芽後は、温度が高いと軟弱で長く折れやすい苗になってしまいます。

ハウス内の温度は天候により変わるため、温度管理には大変気をつかいます。

手間はかかりますが、よい苗を育てることで品質のよい豆がたくさん採れるんです。

先日、市場の方々が当園に見学にいらしてくださいました。

「苗が生え揃っていて、とってもきれいですね。」言っていただき、たいへん嬉しかったです。

2.農薬を減らす

防虫マルチシートだから減農薬。

枝豆の苗植え

雑草は抜かないでおくと、日光や水、肥料を枝豆と奪い合うことになり、生命力の強い雑草に必要な栄養を全てとられ、枝豆の生育、品質に大きく影響を及ぼします。雑草のタネは光のないところでは芽が出てこないので、地面をマルチシートでおおうと雑草の被害を減らすことができます。

はねっ娘会では、全ての畑をマルチシートでおおい、除草剤は一切使いません。

3.採ったらすぐに冷やす。

美味しい枝豆をお届けするために、コールドチェーン(低温流通体系)でお届け

作業はとにかくスピード勝負!

一切のブレを許さず、品質には妥協したくありません。

鮮度が命の枝豆。気温の低い早朝に採りますが、それでも手際よくやらないと、枝豆は熱を持ちはじめて、味がどんどん落ちてしまいます。

お客様に美味しい枝豆をお届けするため急いで採るので、みんな必死です!

はねっ娘会の枝豆の収穫作業

枝豆は、実がふくらみすぎると固くなり香ばしさも抜けてしまうため、実が7~8割にふくらんだら根元をハサミでカットして採ります。収穫の適期は1週間程度しかないため、日ごろから注意して枝豆の成長を見守っています。

コールドチェーンで枝豆を農家直送

ご存知ですか?コールドチェーン

コールドチェーンとは、生鮮食品などを生産・輸送・消費の過程の間で途切れることなく低温に保つ物流方式。低温流通体系とも呼ばれています。生鮮食品の場合、産地で収穫後すぐに低温冷却して出荷、それを温度管理された物流手段で輸送、劣化を最小限に抑えるためには、劣化の少ない冷却方法、温度変化の少ない輸送が必要となります。

はねっ娘会の各農家は、枝豆を素早く収穫、選別、洗浄、袋詰めの作業を行い、複数の大型冷蔵庫を駆使、低温冷却して出荷していますが、これができる農家は日本全国を探しても限られます。

岩崎ファームが通販でお届けする「はねっ娘会」の枝豆は、畑で採ったらすぐに冷たい水で冷やし、
一旦冷蔵庫に入れて熱をとります。

その後、素早く選別や洗浄・袋詰めの作業を行い、保冷剤を入れてクール便で発送(農家直送)します。

採りたて最高の美味しさを

ぎゅっと閉じ込めてお届けするので、

とびきり新鮮です。

4.莢(さや)に枝を残す。

枝付きだから新鮮で旨みもキープ。

「はねっ娘会」岩崎ファームでは、夏の間、パートさんの手を借りて、多い日は100人以上が従事します。なぜこんなに人手が要るのか。商品の袋を開ければ分かるのですが、莢(さや)に数cmの枝を残しています。これを手作業で行っているからなんです。

枝豆の選別、加工作業

機械で枝葉と莢を分別する生産者も多く、コスト削減のため当園でもかつて導入していた時期もあったのですが、良い豆も傷が付きやすく、鮮度も保持できないことから、やめました。

大変な手間がかかるのですが、美味しい枝豆をお客様にお届けするため枝付きにしているんです。

枝付きにして、すぐに冷蔵すれば旨味もキープできます。

長年かけて辿り着いた

この”ひと手間”が、「はねっ娘会」の枝豆の

美味しさの秘訣です。

5.厳しく検品する。

徹底した検品体制で、高品質を実現

枝豆の検品、品質チェックを行います。

岩崎ファームでは、朝から夕方まで一日中、枝豆の検品作業を専門に行う熟練のスタッフがいます。

傷がついたものや、色が悪いもの、基準未満のサイズのものを取り除き、厳選された枝豆のみ「はねっ娘会」の枝豆として出荷します。

Top